MENU

新車を購入、しかし悪夢が起こった

友達が新車を購入しようとした時の話です。

 

 

友達はレンジローバーを買おうとしていました。

 

初めての新車だったので指折り数えて納車日を待っていました。

 

納車まで1カ月というところで電話がかかってきました。

 

 

「すいません、納車予定日が大幅に遅れます」悪夢のような電話でした。

 

 

海外から輸送されるものが何か不手際があり、半年程遅れるらしいのです。

 

呆然としていました。

 

乗っていた車も車検が切れるところだったので何か代車を借りれないかと尋ねました。

 

当然です。

 

 

相手ももちろん代車は用意させていただきます。

 

との事だったのでとりあえずはよしとしたようです。

 

 

そして代車が来たのですが、なんとジャガーが届いていました。

 

車両価格でいえば友達が買おうとしている車の倍は余裕で越す車でした。

 

 

5リッターのスーパーチャージャーです。

 

ただし燃費はもちろん悪いです。

 

ハイオクしか入れてはいけません。

 

 

乗せてもらいましたが安定感が凄かったです。

 

しかし街中で乗る車ではないと思いました。

 

加速が凄いのですが、ちょっと踏めばすぐさまブレーキを踏まなければならないからです。

 

性能が全く活かされません。

 

 

そして半年が経ちようやく待望の車が来ました。

 

引き取りに行き、帰りの道中いやにパッシングをされたらしいです。

 

ハイビームにはなっていません。

 

おかしいなと思いながら対向車が途切れたのでハイビームにしたところ道を照らさずに空を照らしたらしいです。

 

 

その後も何度か不具合が、起こりディーラーにみて貰ったらしいです。

 

 

外車は憧れますが見るだけに留めるべきですね。